CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
+ 寄付のお願い
■振込口座のご案内
【金融機関】ゆうちょ銀行
【記号】 10550番号 17976461
【口座名義】捏造慰安婦問題を糺す日本有志の会

※但しこの口座を他金融機関からの振込の受け取口座として 利用される際は次の内容をご指定ください.
【店名】〇五八(読み ゼロゴハチ)
【店番】058
【預金種目】普通預金
【口座番号】1797646


「捏造慰安婦問題を糺す日本有志の会」は、一般の社会人や主婦などの個人会員によって構成され、営利を目的としない市民サークルです。
展示会のパネル制作費、会場使用料、講演依頼、広報などの活動資金は、全て来場者の皆様と会員の寄付でまかなわれており、会員やその友人などの奉仕によって運営しています。

しかし、私たちの小さな団体だけではどうしても限界があります。
民間の力で自虐的な歴史観を払拭し、日本人が正しい歴史・文化を知る展示会やイベントの開催を全国に広げていくために、広く皆様からの寄付をお願い申し上げます。

捏造慰安婦問題を糺す日本有志の会 一同
MOBILE
qrcode
<< Translation;FM Taro Kono argued that "any measures are available" on the conscripted workers verdict in S. Korea | main | Translation;Making "unfairness" of S. Korea well known to the international community by two filing lawsuits -- former conscripted workers and WTO >>
Translation;S. Korean Foreign Ministery conveyed Constitutional Court of Korea that Japan-S. Korea CW agreement was "not legally binding" -- media in China
0

    Ref.>"「慰安婦合意に法的拘束力なし」 韓国政府、憲法裁に意見書を提出"

    >"慰安婦合意、韓国外相「法的拘束力なし」と主張 狙いはどこにあるのか"

    >"【慰安婦問題】韓国外務省「日韓合意は法的拘束力ない」→ 憲法裁に意見書提出"

    >"「慰安婦合意は法的効力なし」韓国外交部の立場が物議、韓国ネットも大荒れ"

    >"韓国外交部が「慰安婦」合意憲法訴訟に "却下"意見を出した理由は?"

    >"Foreign ministry recommended dismissal of constitutional appeal of comfort women survivors"
    ----------------------------------------


    >【三権分立崩壊】ついに韓国政府が暴走開始ww裁判所に対して「15年の日韓慰安婦合意に拘束力ない」【ネットの反応】


    ↓、レコード・チャイナの記事の翻訳(
    Translation of an article of Record China
    )

    >"日韓慰安婦合意、韓国外交部が憲法裁判所に「法的拘束力なし」-- 中国メディア"
    > 2018年11月6日、環球網によると、韓国の元慰安婦らが日韓慰安婦合意は違憲との判断を求めた裁判に関し、韓国外交部の関係者は5日、「合意に法的拘束力はない。原告の訴えを退けるよう求める」とする意見書を憲法裁判所に提出済みと明かした。
    On Nov. 6 2018, according to the Global Times (online edition), on a lawsuit that S. Korean former comfort women and so on requested to judge whether Japan-S. Korea comfort women agreement was unconstitutional or not, on Nov. 5, a person concerning the S. Korean Ministry of Foreign Affairs (MOFA) clarified that it submitted an opinion document to the Constitutional Court of Korea, which says that "it was a non-legally binding political agreement. (MOFA) recommends it to dismiss a constitutional appeal filed by the plaintiffs."

    > 提出は6月のことで、意見書は「日韓合意は法的拘束力を持たない政治合意。公権力行使とは呼べない。元慰安婦の憲法上の権利の侵害もない」と指摘しているという。
    > また、「元慰安婦の意見を反映していない」など合意に多くの問題が存在するとの認識を示しているそうだ。

    It was submitted in last June, and the opinion letter reportedly pointed out that "Japan-S. Korea agreement was a non-legally binding political agreement. As it wasn't a treaty, that it can't be considered as an exercise of governmental authority. The victims' constitutional rights weren't violated too.
    Btw, it reportedly the agreement contains many defects, such as "a failure to reflect the wishes of former CW."

    > 16年3月、元慰安婦や遺族ら約40人は「憲法が定める損害賠償請求などの権利が日韓合意によって侵害された」として憲法裁判所に訴えを起こした。
    > 記事は「朴槿恵前政権時の日韓合意は慰安婦問題の『最終的かつ不可逆的解決』を確認したが、文在寅現大統領は『この合意で解決は得られない』との考えを示した」と説明している。

    In Mar. 2016, around 40 former CW and breached family members filed a lawsuit with the Constitutional Court in S. Korea, saying that "our rights such as seeking compensation, which are guaranteed by the Constitution, was breached by the Japan-S. Korea agreement."
    The agreement explained that "the Japan-S. Korea agreement, reached during the Park Geun-hye administration, confirmed [final and irreversible settlement] of CW issue. However, President Moon Jae-in showed his view that [this issue can't be resolved by the agreement].



    Ref.>"朝日新聞「姉妹都市解消 原点に立ち返り再考を」→ 吉村市長「朝日新聞が原点に立ち返って再考して下さい」"

    >"【徴用工判決】朝日新聞「韓国で広がる反発・批判!」→ ネット『本当に呆れる』『また韓国側の主張ばかり記事にしてるね』"

    | 和文英訳 | 19:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 19:41 | - | - |
      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://true-history2.jugem.jp/trackback/2874
      トラックバック