CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
+ 寄付のお願い
■振込口座のご案内
【金融機関】ゆうちょ銀行
【記号】 10550番号 17976461
【口座名義】捏造慰安婦問題を糺す日本有志の会

※但しこの口座を他金融機関からの振込の受け取口座として 利用される際は次の内容をご指定ください.
【店名】〇五八(読み ゼロゴハチ)
【店番】058
【預金種目】普通預金
【口座番号】1797646


「捏造慰安婦問題を糺す日本有志の会」は、一般の社会人や主婦などの個人会員によって構成され、営利を目的としない市民サークルです。
展示会のパネル制作費、会場使用料、講演依頼、広報などの活動資金は、全て来場者の皆様と会員の寄付でまかなわれており、会員やその友人などの奉仕によって運営しています。

しかし、私たちの小さな団体だけではどうしても限界があります。
民間の力で自虐的な歴史観を払拭し、日本人が正しい歴史・文化を知る展示会やイベントの開催を全国に広げていくために、広く皆様からの寄付をお願い申し上げます。

捏造慰安婦問題を糺す日本有志の会 一同
MOBILE
qrcode
<< Translation;Will a new CW statue be set in Europe? Chinese medium reported that "Japan disturbs setting plan" | main | Translation;Minister of Gender Equality and Family clarified that S. Korea plans to opening a CW research institute in August," she noted, saying "S. Korea should be the mecca for the issue of wartime suppression of women's rights" >>
Translation; [Proposal by Mio Sugita]. Aserting "independence of Ryukyu" by using tax money
0

    Ref.>"沖縄の団体が国連で琉球独立主張、中国ネット「支持する」「古くは中国の土地」"

    >"【衝撃】沖縄独立活動家、沖縄振興名目で国から「補助金」を受け取り琉球独立を主張 中国語論文も"

    >"Translation; [Proposal by Mio Sugita]. Official foundation is likely to be used in anti-Japan propaganda (Part-2)"
    --------------------------------------


    >【外患誘致】唖然!「琉球民族独立総合研究学会」の幼稚な言い分[桜H25/5/20]


    ↓、八重山日報の記事の翻訳(
    Translation of an article of the the Yaeyama Nippo
    )

    >"[提言(杉田水脈)]. 税金で「琉球独立」主張"
    > 前回、科研費について書いた記事への反響がとても大きかったので、さらに調査を進めました。
    As the response to the article I wrote in the previous time about Grants-in-Aid for Scientific Research (KAKENHI) was so big, that I researched about it further.

    > 評論家の但馬オサム氏が先日、琉球民族独立総合研究学会が 2015年9月、国連のニューヨーク本部で琉球独立宣言を行ったことについて本紙で書いておられました。
    On the other day, Osamu Tajima, critic, contributed an article to the Yaeyama Nippo that the Association of Comprehensive Studies for Independence of the Lew Chewans (ACSILs) declared independence of Ryukyu at the U.N Headquarters in New York in Sept. 2015.


    Ref.>"目からビーム!─々駭△琶たれた「琉球共和国」の寝言、琉球独立なら先島の声はどうなる(八重山日報 on '18. 4/27)"

    >「>"琉球民族独立総合研究学会"」とは、龍谷大学教授の松島泰勝氏が、沖縄国際大学の友知政樹氏と同大学准教授の桃原一彦氏とともに設立したものです。
    > 国連での記者会見には三氏のほか、沖縄国際大学准教授の國吉信義氏と>"北米沖縄県人会"会長の平恒次氏が参加しています。

    >"ACSILs" is an organization, prof. Yasukatsu Matsushima at Ryukoku University established with prof. Masaki Tomochi and associate prof. Kazuhiko Toubaru, both are at Okinawa International University.
    At the press conference at the U.N, other than these three persons, associate prof. Shingi Kuniyoshi at Okinawa International University and Taira Koji, chairperson of the Okinawa Association of America (OAA), also attended it.


    > 中心人物である松岡(ママ)氏は、「沖縄県の振興開発と内発的発展に関する総合研究」という研究名で、2011〜2014年度の期間に科研費を 442万円受け取っています。
    Prof. Matsushima, central figure, received ¥4.42 million KAKENHI from fiscal year 2011 to 2014, with the research title of "General research on the promotion and development and spontaneous development of Okinawa Pref." (correct title in English is unknown).

    > 研究名だけを見れば、地域活性化に関する研究かと推測されますが、成果物とされる論文のタイトルを見れば、
    When watching the title of research alone, it is guessed that it may be a research on regional activation. However, titles of his papers, considered as the achievement, are as follows;

    >・自治と基地をめぐる課題 2014
    >・琉球の独立と平和 2014
    >・琉球にとって国家とは何か 2014
    >・なぜ、琉球独立なのか -- 琉球と日本との新たな関係性を考える 2013
    >・尖閣諸島は「日本固有の領土」なのか 2013
    >・日本は本当に「独立」しているのか -- 琉球と日本・アメリカ・中国との関係軸から問う

    * Problems over autonomy and military bases (2014)
    * Independence and peace of Ryukyu (2014)
    * What does state mean for Ryukyu (2014)
    * The reason why Ryukyu should be independent -- consider new relations between Ryukyu and Japan (2013)
    * The Senkaku Islands is "Japan's inherent territory," or not (2013)
    * Japan is truly independent, or not -- Ask it from relations-axis between Ryukyu and Japan, the U.S. and China

    > など、地域活性化とはほど遠い印象を受けます。中には「尋求自己国家独立的琉球 2014」といった中国語の論文も見受けられます。
    ect. It seems that the impression is far from regional activation. There is even a paper written in Chinese -- "Hope for independent state of Ryukyu 2014."

    > 国連での記者会見の画像を見ると垂れ幕の文字が「琉球民族獨立総合研究學會」と中国語で書かれています。
    > いったい誰を対象に改憲をしているのでしょうか?思わず「中国では?」と疑いたくなります。

    A photo of the press conference at the U.N shows that characters on the banner are written in Chinese kanji characters.
    To whom they wanted to show it? Unintentionally, I want to doubt that "the answer is China?"


    > 松島教授は以前にも「八重山諸島における社会開発と文化に関する総合研究」という研究名で 360万円の科研費を獲得し、その成果物として『>"琉球の「自治」"』という書物を藤原書店から出版しています。
    Before, prof. Matsushima secured ¥3.6 million KAKENHI with a research title of "general research on social development and culture in the Yaeyama Islands," and, as an achievement, published a book of "[Autonomy] of Ryukyu" from Fujiwawa Shoten.


    > また、2015年度からは、同じ龍谷大学の清水耕介教授が「新たなガバナンス論構築のためのアジア研究とアジア型国際関係論による共同研究」という研究名で3千666万円獲得している研究の共同研究者として名を連ねています。
    In addition, from fiscal year 2015, he has been listed as a joint-researcher of a research, in which prof. Kosuke Shimizu at Ryukoku University obtained ¥36.66 million KAKENHI, with the research title of "Joint research based on Asia research and Asian style international relations theory for construction of new governance theory" (correct title in English is unknown).

    > 科学技術立国である日本において、「科研費」はとても重要なものです。しかし、我々の税金から捻出されるその貴重な財源を使って「琉球独立」を主張するのはいかがなものか?
    > 広くこの事実を特に沖縄にお住まいの皆様に知っていただきたいと思います。

    For Japan, scientific and technological country, "KAKENHI" is extremely important. However, how about to assert "independent of Ryukyu" by using precious financial resources extracted from our tax money?
    I would like everyone, especially living in Okinawa, to know the fact widely.

    > 今後は科研費の審査や決定の過程、その成果の評価がどのようになされているかについてもしっかり調査していきたいと思います。
    From now on, I would like to investigate properly about process of screening and decision-making regarding KAKENHI, and how achievements of it are evaluated.









    | 和文英訳 | 00:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 00:26 | - | - |
      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://true-history2.jugem.jp/trackback/2601
      トラックバック